MyBookEditor for Mac ヘルプ

MyBookEditor for Macのオンラインマニュアルです。

1 はじめに

MyBookEditor for Macをご利用いただきありがとうございます。
この章では、下記の内容を説明します。
1-1 MyBookEditor for Macの概要
MyBookEditor for Macは、高品質な写真集「MyBook」をとても簡単に注文できるフリーソフトです。
本エディターには、すべて自分で作成する「新規作成」から作成する方法とあらかじめ用意されたテンプレートを使い、写真を入れ替えて写真集(フォトブック)を作成する方法があります。

他にも、画像加工やレイアウト補助など役に立つ機能も充実しています。
MyBookEditor for Macをご利用いただければ、誰でも気軽に本格的な個人写真集を作成いただけます。

1-1-1 新規作成の紹介

新規作成

画像のレイアウト
90度回転、画像の移動、サイズ変更、回転、画像加工、型抜き、画像効果(ドロップシャドウ、キーライン、色調調整、透明度)が可能、図形描画(直線、丸、四角)が可能

文字のレイアウト
文字入力、移動、書体、サイズ変更、縦書き、強調、斜体、行揃え、回転が可能

その他
さまざまな画像ボックス、イラスト、型抜き、台紙、デザイン台紙が使用可能 グリッド、ルーラー、ズームなどの表示、コピー、グループ化などの充実した編集機能

1-1-2 テンプレートで作成

お好みのテンプレートを選択いただき、あらかじめ設定されている画像ボックスには写真を、文字ボックスには文字を挿入するだけで、写真集を作成することができます。
もちろんMyBookEditor for Macのテキスト機能、イラスト機能、型抜き機能も利用できますし、設定されている効果やレイアウト変更も可能です。
1-2 MyBookの種類
以下では、MyBookEditor for Macで制作できるMyBookの仕様を説明します。
※ブックサイズ表示について
数字:ブックの高さ、T:縦長、S:正方形、Y:横長を示します。

1-2-1 MyBook ART

書店の写真集に一番近い本格的なフォトブックです。
種類(サイズやページ数)も充実し、さまざまな用途で使用できます。
サイズ:CD、180S、210S、260S、300S、200T、260T、290T、140Y、180Y、200Y
ページ数:10、20、30、40、50、60、70、80、90、100
表紙:ラミネート加工、ハードカバー・ソフトカバー(裁ち切りタイプ)
本文仕上げ:無線綴じ、ニス・ラミ光沢・ ラミつや消し

1-2-2 MyBook DX

やや厚手の用紙の、ページ数の少ないタイプ。
各ページに写真を複数点入れる事が可能で、家庭用に最適です。
サイズ:140Y、188S、263T
ページ数:12、20、28
表紙:ラミネート加工、ハードカバー
本文仕上げ:糸綴じ、ニス
半透明ケース付

1-2-3 印刷解像度

画像解像度とは、画像内の1ピクセルの占めるスペースを意味します。
1インチあたりのピクセル数で表されます。
MyBookの表紙は260dpi、本文ページは271dpiで印刷されます。
1-3 インストール

MyBookEditor for Macは、マイブックサイトより無料でダウンロードし、インストールをしていただくと使用することができます。

インストール方法:

  1. 1. MyBookEditor for Macのダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダ内にSetupのアイコンが生成されますので、そのアイコンをダブルクリックしてください。
  2. 2. ダブルクリックしていただくと、セットアップ画面に移ります。ライセンス条項をよく読み、同意の上、次へのボタンをクリックしてください。
  3. 3. インストールが完了します。
1-4 MyBookEditor for Macの動作環境
◆OS
Mac OS X v10.10(Yosemite) , Mac OS X v10.11(El Capitan) ,
macOS v10.12(Sierra)

◆CPU
Intel Core Duo(Intel Core 2 Duo以上推奨)

◆ハードディスク
20GB以上の空き容量が必要(40GB以上推奨)

◆メモリー
1GB以上(2GB以上を推奨)

◆モニタ
1280×600以上High Color以上(1600×1200以上High Color以上推奨)
マルチモニターには対応していません。

MyBookEditor for Macは、大きな画像も快適に操作できるよう工夫されています。その為、編集中の画像は粗く見えることがあります。実際の画像を見るには、エディター下にあるツールバーの「仕上がり確認」をクリックしてご確認ください。
※日本語環境にて検証しております。