三脚や予備バッテリーは必要!?購入必須のカメラ周辺機器

三脚や予備バッテリーは必要!?購入必須のカメラ周辺機器

掲載日:2016-04-11


購入必須のカメラ周辺機器


カメラで写真を撮ることが楽しいと感じるようになってくると、もっと満足のいく写真を撮りたいという欲がでてくるものです。今回は、写真の出来上がりをレベルアップさせたり、持っていると便利なカメラ周辺機器をご紹介します。

様々なシーンで活躍する三脚

カメラを固定させることを目的とした、三本の脚が付いている台「三脚」は、カメラ上級者やプロが使うアイテムの一つと思っている人も少なくないかもしれませんが、上級者やプロはもちろんのこと、初心者にとっても重要なアイテムのひとつです。

初心者が失敗してしまいがちな現象のひとつに、手ブレがありますが、三脚はこの手ブレを防止してくれます。特に初心者は、被写体を写すための構図に迷ってしまったり、シャッターボタンを押すタイミングを待っている時間が長くなってしまい、腕の疲れから写真にブレができてしまうということもあるでしょう。

そのような時に、長時間でも固定しておける三脚は便利なアイテムです。また、手ブレによる影響を受けやすい夜景や遠方の風景や動画を、安定した映像で撮影したいという場合にも便利なアイテムといえます。

予備で用意しておきたいバッテリーや記録メディア

長時間の外出や、旅行などの際に、バッテリーの容量が足りなくなってしまったり、たくさん写真を撮りすぎて、撮影したいものが撮影できなくなってしまったりといった、不測の事態にも備えましょう。用意しておきたいものが、予備用のバッテリーや、撮影した画像を記録する記録メディアです。

記録メディアには、使用するカメラの機種によって、メモリースティックやmicroSDカード、コンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードなど、様々な種類があります。バッテリーと同様に、荷物になるようなサイズのものでもないため、いざというときのために、用意しておくと便利なアイテムと言えます。

写真撮影は、二度とない、そのとき唯一の一瞬を撮ることが重要であり、バッテリーや記録メディアの残量を気にすることで、撮影の決定的チャンスを逃すことだけは避けたいという場合には、必須のアイテムと言えるでしょう。

意外と重要!カメラバッグ

カメラを持ち歩く際に便利なカメラバッグですが、その種類はさまざまで、各社からあらゆるデザインやサイズのものが出ています。複数のカメラを持ち歩いたり、レンズやアクセサリー、周辺機器なども携帯したいという場合に便利なタイプとして、リュックタイプのものがあります。

収納するものにある程度の重さがあっても、背中全体で背負うため、移動の際に疲れにくいという利点があります。また、ショルダータイプの場合には、バッグをおろさずに、すぐに必要なものを取り出すことができるというメリットがあります。

そのほかにも、カメラバッグには、持って歩く際に便利という点だけではなく、カメラを守るための、保護の役割もあります。カメラバッグを使用することで、バッグのクッション素材により、どこかにぶつけたりした際の衝撃による故障を防ぐことが可能です。

まとめ

カメラ本体があれば、写真を撮影することはできますが、基本となるカメラ周辺機器を持っておくことで、安心の充実したカメラライフを送ることができます。三脚を持つことで、写真の出来上がりをレベルアップさせることができますし、予備のバッテリーや予備用記録メディアを携帯しておくことで、思う存分シャッターを切ることができます。

つまり、決定的なチャンスを掴むことも可能になるのです。また、カメラは使い慣れたものを使用していると、安心なものです。故障などのトラブルに遭わないためにも、自分に合ったカメラバッグを使用して、お気に入りのカメラと長く、そして仲良く付き合っていきたいものですね。

カメラの周辺機器というと、プロのカメラマンやカメラ上級者の人たちのためのものと思う人もいるかもしれませんが、初心者にとってこそ、購入必須のアイテムと言えるかもしれません。

この記事もおすすめ

>> 失敗しない!カメラ三脚の選び方は?
>> 用途別!カメラ三脚の選び方


フォトブック・写真アルバムの作成はこちら

PAGE TOP

Copyright © 2003 ASUKANET All Rights Reserved.

プライバシーマーク 株式会社アスカネットは、個人情報保護活動を企業活動における最優先事項のひとつとして位置付けております。